株価算定・企業価値評価

株価算定・企業価値評価

上場株式と違い非上場株式には取引相場がありません。

しかし、非上場株式を譲渡等する場面においても適正な時価を算定する必要があります。

なぜなら、取引内容に応じた適正な時価で取引が行われなければ、法人税・所得税・贈与税等の課税上の問題が発生する可能性があるためです。

弊社では、会社法や税務面も考慮に入れ、取引内容に応じた企業価値評価及び株価算定を行います。

事業価値、企業価値、株式資本価値の関係
主な株価算定方法は以下の3つとなります。
1 インカムアプローチ
将来獲得される利益やキャッシュ・フローといったものを現在価値に還元評価し、株価を算定する方法です。

代表的なもの

  1. ①DCF(ディスカウント・キャッシュフロー)法
  2. ②収益還元法
  3. ③配当還元法
2 マーケット・アプローチ
上場している同業他社や評価対象会社で行われた類似取引事例や類似会社等と評価会社を比較することで相対的な価値を評価する方法です。

代表的なもの

  1. ①類似会社比準法
  2. ②類似業種比準法
3 コスト・アプローチ
評価会社の保有する資産に着目して株価を評価する方法です。

代表的なもの

  1. ①時価純資産法
  2. ②簿価純資産法

サービス案内